読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなと何かやりたい日記。

はてなと何かやりたい!そんな想いで書いてます。2012.3.31 HUG Tokyo イベントやりました!

HUG Tokyo 2012.3.31 終えて。

f:id:Ichinoseki:20120402042749j:plain

 

HUG Tokyo、盛会に終わりました! 

 

当日やったことと、関連URLへのリンク集的な。

あと、このHUG Tokyoにかけた想いや、終わってみて感じたことなどを書いてみます。

 

 

HUG Tokyo 2012.3.31、テーマは「オープンインターネット」

 

 

 

第1部 スピーチセッション

f:id:Ichinoseki:20120402043628j:plain

「オープンインターネット」 をテーマに3つのスピーチを行いました。

 

  1. 近藤さん id:jkondo 「オープンインターネットで活動しよう」
  2. モーリさん id:mohri 「はてながフェイスブックに勝つるたったひとつの理由」
  3. 特別ゲスト ビデオメッセージ

 (リンクからスピーチの録画が見れます) 

 

 

第2部 おしゃべりセッション(はてなートークテーブル)

 4人掛けのテーブルに分かれて、ワールドカフェという形式でおしゃべり。(こんなにたくさんの人が集まってくれました!)

f:id:Ichinoseki:20120402045430j:plain

 

テーブルの上はこんな感じで思い思いにメモを。

f:id:Ichinoseki:20120402050344j:plain

 

そのワールドカフェに、はてならしさを取り込んでみました。"リアルスター"です。

「へ〜!」とか「すごい!」とか「おもしろい!」の気持ちを「スター」に乗せて届けます。スターシールとスターチョコ。 

f:id:Ichinoseki:20120402051158j:plain

 

終わる頃には、こんなにスターだらけになる人も。

f:id:Ichinoseki:20120402052149j:plain

 

はてなのサービスを使っている人だったら、おなじみのスター。良い仕組みですよね。気持ちが見えるし、形として残る。うまく言葉にできなくても気持ちを伝えられる。

 

 

はてな新サービスβ版 公開テスト

新サービスのテスト版アプリ、参加したユーザさんに実際にインストールして使ってもらう、という 企画が実現しました。

f:id:Ichinoseki:20120402053132p:plain

 

みんなが撮った写真をひとつのアルバムにアップして、写真を共有できるというサービス。

こういうイベントとかで使うの良いんじゃないですかね。あと、結婚式とか。(友人の晴れ姿の写真、なぜか自分しか持っていなかったり。そんなことが結構あります。。)

この後の懇親会でも大活躍してました。

「お、新しい写真が。その料理なんだ!?こっちも同じの頼むぞー。」みたいな(笑)

 

 

おまけ

クロージングで、ちょっとしたサプライズを。2012年ダボス会議でYoung Global Leadersに選出された近藤さんに、花束をプレゼント!

f:id:Ichinoseki:20120402055217j:plain

「2030年、こんな世界を作って欲しい」というコンセプトのもと、40歳以下の活躍されている人へ送られるこの栄冠。おめでとうございます!!近藤さんは「世界で使われるサービスを作りたい!」と熱い想いを改めて語ってくれました。

 

 

懇親会

全体の7割くらいの人が参加しました(!)。直前の告知にも関わらず、これだけ多くの人が参加してくれたのは、HUG Tokyoが成功だったことの証拠だと思ってます!お店のビールも飲み尽くすくらいに盛り上がりましたw

 

 ピースが5人あつまると、スター!!

 

 

HUG Tokyoを終えて

近藤さんとの偶然の出会いから、ちょうど半年。この日を実現できて本当に嬉しいです。正直、ホッとしたという気持ちが強いかな。もっとやろうとしていたことあったのに、まだまだ!という想いもあるかな。

 

「何かやりましょう!はてなの人が集まったら絶対おもしろいですよ!」最初はそんな根拠のない思いつきでした。イベントの企画が慣れてるとか、こうやったらうまく行く、とかそんなものは何もないところからのスタートだったんです。。はてなユーザですらなかったんです。。(!!)

企画のメンバー、近藤さん、はてな社の皆さんにめちゃくちゃ支えられながら、何とか実現できました。そして、何よりこのHUG Tokyoを実現させてくれたのは、はてなのユーザさんたちです。思っていた通り、いろんな視点や意見を持っていて、思っていた通り、あたたかい雰囲気でした。

 

で、集まったら、やっぱりおもしろかったです。

 

最初の思いつきと一緒に、勝手に掲げたコンセプト、「世の中を良くしたい人たちのコミュニティ、はてな」。

はてなが世の中を良くしたいと思ってる人たちの集まるコミュニティになって欲しい、そして、そんな人たちが集まるコミュニティになれるんじゃないか?という想いから掲げたコンセプトでした。

 

ブログやWebサービスが乱立する今、「画像アップ100MBまで!」なんて機能スペックがウリになる時代はもう昔話ですね。機能は最低限あるのが当たり前として、「どんな人と、どんな雰囲気でコミュニケーションできるか?」がますますサービスのウリになっていくように思います。

世の中もっと良くなるはず、という想いがふつふつ湧いてくること、それを書き出す先があること、そんな人たちが何となくつながっていくこと。そこにすごく意味を感じます。

 


「世の中を良くしたい」は、日本が!世界経済が!とかデカくなくて良いし、良くするために○○してますエヘン!とかじゃなくて良いし。「自分の今日の生活がこんななのなんで?ぐぎぎぎ…と考えた。意見書いてみた。」で良いと思うんです。

 

1人の悩みは、その人を辛くさせるだけかもしれませんが、みんなの悩みはみんなで分かち合ったら、何かできることが見えたり、実際に何かできたりするんじゃないですかね。

 

1人の想いとアイデアは、実現方法がわからなかったり日の目をみないかもしれませんが、みんなでアイデア分かち合ったら、何かできることが見えたり、実際に何かできたりするんじゃないですかね。

 

そんなことを考えながらの企画構想でした。まだまだ第一歩。それも、だいぶたどたどしい感じの一歩でしたが、はてなユーザさんの愛と想いに助けられながら、盛況に終わることができました!そして、そんなユーザさんを惹きつけるのは、やっぱりはてなのキャラ!ですかね。

本当にありがとうございました!

 

ちなみに、参加された方は、はてなを最近使い始めた/まだ使っていないけど気になる、そんな人たちもたくさんいました。(全体の2割くらいでした。)

はてなの良いところが、広がっていく場にもなっていたら、最高に嬉しいです。

 

またやりましょう! はぐ!( ´ ▽ ` )ノ

 

いちのせき

 


 

当日のつぶやき

Twitter #HUG_Tokyo(まとめ)

はてなハイク "HUG Tokyo"

 

メディア掲載

近藤社長、ユーザーイベントで「はてなで世界を目指す」宣言 - INTERNET Watch 

 

イベントページとスタッフのブログ


 

参加された方のブログやサイトなど

 

 ※ 他にありましたらご連絡ください。→ id:Ichinoseki or @Ichinoseki