読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなと何かやりたい日記。

はてなと何かやりたい!そんな想いで書いてます。2012.3.31 HUG Tokyo イベントやりました!

はてなユーザーイベント「HUG Tokyo」で実現させたいこと、将来の夢

 

うん、まじめなタイトルです。早速まじめに始めたいのですが、昨日、娘の紙オムツをですね、洗濯乾燥機にかけてしまったのですね。何がどう間違えたか分からないのですが。いまだ、その事案が忘れられず、ショック(と片付けの手間)が大きくて、ちゃんと書けるか不安です。でも、書きます。(ちなみに、紙オムツを洗濯機で洗うとどうなるかというと、ティッシュを入れて洗ってしまったときのような紙くずが洗濯物いっぱいにくっつきます。それに加えて、ぷにぷにのゼリー状の吸水ポリマーが洗濯槽いっぱいに、ぷにぷにします。もちろん、そのまま洋服は着れません。。)

では、書きます。

 

 「HUG Tokyo」で実現させたいこと

まず2012年春のHUG Tokyo をこんな会にしたいな、って思ってることです。

 

  • 興味あるテーマに対して、いろんな人と意見を交換すること
  • オフラインだからこその、人と人との交流。温かくて、濃い時間を過ごすこと
  • 終わった後、そのテーマに対して、もう少し何かしたくてウズウズしちゃうこと
  • はてなって何かおもしろい(笑)ワクワクするじゃねーかこの野郎www!ってなること

 

 オフラインで集まったら、やっぱりおもしろいことあるな、おれも何かやってみようかな、なんてなればサイコー!しかも、そこでの出会いからまた全然違うものが生まれたりして。そうなったら、大成功です!

そもそも、この企画の発端も、別のオフラインイベントで「僕と近藤さんが隣でランチ食べた」というのがキッカケだったりしますし。出会いって、ほんと何が起こるか分かりません。

 

 

 「HUG Tokyo」将来の夢

 HUG Tokyoを1回開催したその後の、将来的な夢です。僕が勝手に思い描いている夢です。HUGを通じて将来こんな感じになったら良いな、っていう夢です。何年後かわかりませんけど。

 

  • オフラインイベントの準備をサポートして、誰でもHUGを開催できるようになること
  • オフライン⇔オンライン両方のやり取りを通じて、人と人との繋がりが強くなること、世界が広がること

 

オフラインで集まって話すことって、楽しいし、新しい出会いがあったり、オンラインだと冷たい人かと思ってたけど全然そんなことないじゃん!(笑)ってなったり、と、良いことがたくさんあると思うのですが、なにぶん、企画したり準備したりするのが大変なんですよね。。地味に。会場決めたり、スケジュール立てたり、どんなことが必要かタスク洗い出したり、とか。地味に大変。。

学生時代にイベントサークルでたくさん企画してました!みたいな人は、ちょちょいのちょい♪かもしれませんが、普通の人には企画する、というだけで結構なハードルだったりするんですよね。(ちなみに、僕は後者です!笑。日々、精進です。。)

オンライン上でお喋りが盛り上がって、オフラインイベントをやろう!ってなる瞬間は結構あると思うのですが、いざ、やろうと思うと、準備とか大変なことを想像しちゃって、あー、大変そうだな、そこまでしてやらなくてもいいかな、、なんて思ってしまうこともある気がするんですよね。

要は、オフラインイベントを開催するまでの労力が掛かり過ぎて、集まったらできることのメリットを超えちゃう、つまり、「ポシャる」ことも多い気がします。

それだったら、単純に、オフラインイベント開催までの、ノウハウを共有したり、準備をサポートしたりすることで、労力を下げられれば、相対的に、集まったらできることのメリットの方が上回って、「ポシャる」ことが減るんではないかと。

 

で、結局、みんなで集まって何かしたら、何かしら楽しいことが起きるんですよ。絶対。

だから、やる前から準備とかを気にしてポシャっちゃうのは、純粋にもったいないなー、と思うのです。

 

集まって何かしたいねー、と思ったら、本当にちゃんと集まれる場所、そんなものを作れたら、と思っています。

 

あと、これは、ぜんぜん了承とか取れてないんですけど、それがうまく回るようになったら、ゆくゆくは、はてながオフラインイベントの開催をバックアップします! オフラインイベント開催パック「はてなオフライン」みたいなもの(笑)に漕ぎ着けられたら嬉しいな!と思っています。

 

それが、ぼくのHUGにかける夢です。

 

■関連エントリー

オフラインイベントの軸となるコンセプト「世の中を良くしたい人のコミュニティ、はてな」

はてなユーザーイベント「HUG」開催概要!(α版)

近藤さんとの出会い。(このHUG Tokyoの、企画の発端です)

紙オムツは洗濯機で洗うものです。(あ、これはHUGと関係ないや!笑)